男性と自然

ニオイの構造

服を着る男性

汗とニオイ

夏、さわやかな汗が太陽の光できらめく季節。ただ、この「汗」というやつはクセモノで、汗っかきで体臭に悩んでいるという人は結構います。「俺は汗っかきだから体臭がクサいのだ」という気持ちになって、ハンドタオルが手放せないという人がいます。事あるごとに制汗剤をシュッシュとカラダにふりかけ、何とか汗を防ぎ、ニオイを予防しようとつとめるわけです。ただ、実は汗そのものは単なる水分であって、ここにニオイの成分が含まれているわけではありません。汗をかくこと、そのこと自体はニオイとは関係ないのです。しかし、汗に含まれている成分にはニオイのもとになる雑菌を育てるという性質があり、汗をかいたあとで「放置する」ということが、体臭の原因になるというパターンがあります。つまり、体臭の予防は汗に雑菌を寄せつけないこと。これが大原則なのです。

朝の身だしなみ

「朝シャワー」については、やった方が良いとかよくないとかいろいろと説がありますが、体臭予防に関してはやった方が良いと言えます。朝シャワーをすることは、夜寝ているうちにかいた微量な汗にくっついている雑菌を、汗ごと流すという効果を持っているからです。フレッシュなカラダで外に出ることができます。昼ごろからカラダが臭いだすことを予防するのに、それは良い効果を発揮するのです。また、身につける服に関しても注意は必要で、汗が引いたように見えてもニオイのもととなる雑菌はすでにとりついて、繁殖しはじめているということを忘れてはいけません。シャツや靴下は、やっぱり1日ごとに替えなければいけないのです。